スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W8 Walkman phone レビュー

前回の記事で書いた「Sony Ericsson W8 Walkman phone」をレビューしたいと思います。
m_W8_15
公式でのスペックは...
OS: Android 2.1
CPU: Qualcomm MSM7227 600MHz
RAM: 128MB
ストレージ: 不明
サイズ: 99×54×15mm
重量: 104g
ディスプレイ: 3インチ TFT液晶 静電容量式
解像度: 480×320 HVGA
カメラ: 3.2MP(背面)
ネットワーク: WCDMA (850/900/1700/2100MHz) GSM (850/900/1800/1900MHz)
通信: WiFi 802.11 b/g/n Bluetooth 2.1+EDR
センサー: A-GPS
外部端子: microSD, microUSB, 3.5mmオーディオジャック
筐体カラー: アジュール、オレンジ、レッド
バッテリー: Li-Ion 1200mAh
待受時間: 476時間(3G) 446時間(2G)
通話時間: 4.45時間
その他: FMラジオ、専用Walkmanプレイヤー搭載
です。
不明となっている内蔵ストレージは初期起動時に147MBでした。
m_W8_16
初期起動画面です。
m_W8_17
次に言語選択の画面です。
日本語はいつも下にあるので、スクロールしてと...
m_W8_18
タイ語、韓国語、中国語...ん?
友人「あれれ、日本語がないぞ~( ^ω^ )(半笑←まだ日本語が搭載されていないことに気づいていない」
友人「Japaneseはどこかな~(;´∀`)(上下に何度もスクロール)」
ちくわ「海外モデルは日本語標準搭載されてないモデル多いぞ~w」
友人「( ゚д゚)ポカーン」
というわけで、このモデルには日本語は搭載されておりませんでしたw
とりあえずEnglish(United States)を選択して、次に進みます。
m_W8_19
最初にSIMカードを挿入してくださいのメッセージが表示されますが、スルー。
m_W8_20
初期のホーム画面です。
右上に専用Walkmanプレイヤーアプリがあるのがわかります。
m_W8_21
付属品のmicroSDには何曲か入っていました。
m_W8_22
OSのバージョンなどの情報です。
m_W8_23
日本語が選択できないので、マーケットから「MoreLocale 2」をインスコします。
m_W8_24
これにより、日本語が選択できるようになりました。
ただ標準搭載の日本語とは違い、日本語化されるものとされないものがあります。

感想
RAM128MBのOS2.1なので、タッチ感度はそれほどよくありません。
時々、反応が悪かったりもしますが、前に触ったIS03のOS2.2よりかはいい気がします。
マルチタッチにも対応していません。
言うならばXperia X10を小さくして(X8)、Walkman機能をつけたものです。
さらに日本語の音楽の文字化けが酷いので、輸入してまで買う価値はないと思います。
それに日本でもandroid搭載のウォークマンが出たようなのでw
友人は「HTC Sensationにしとけばよかった」と後悔しておりましたww
ただ小さく軽いので、音楽をメインに電話機能をサブとして持つと考えれば、それなりに使えると思います。

ちなみに店員とは
ちくわ「Is This a SIM free?(これシムフリーかい?)」
店員「SIM...Free?(シム、フリー?なにそれおいしいの?)」
ちくわ「ah...Unlocked?(ああ、アンロックってこと)」
店員「Oh,YES!(おう、そうだぜ!)」
店員「It is possible to use it in Japan and South Korea.(日本とか韓国でも使えるぜ!)」
ってな感じの兼ね合いがあったので、おそらく日本でもドコモもしくは糞フトバンクで使うことが可能です。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: XPERIA - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。