スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Verizon版"XperiaPlay(R800X)"を注文した

日本ではドコモから「SO-01D」として発売されている「Xperia Play」のCDMAモデルであるR800XをeBayで注文してみました。
キャリアはUSのCDMA携帯電話事業者のVerizon Wirelessです。
R800X_00
なぜ日本でも使えるW-CDMA版を買わなかったのか。
理由としてはもしかしたら日本のCDMAキャリアであるKDDI網を使えるかもしれないからです。
この端末の仕様帯域はCDMA800/1900MHzと明記されています。
KDDIはCDMA800MHz/2GHzの帯域でサービスしているのでもしかしたら800MHzの帯域をキャッチしてくれるかもしれないからです。

ちなみに出品者との掛け合い
R800X_talk0
英訳(適当):君が注文したのはCDMAだから君の国じゃ使えないよ。もしW-CDMA版と間違えて注文したなら差額を払ってくれればGSM版と交換するぜ。

R800X_talk1
英訳:私はCDMAのR800Xが買いたいんです。もしかしたらauで使えるかもしれない。日本に発送できませんか?

R800X_talk2
英訳:君の国じゃ通信できないってわかってて注文したんだね。じゃあもうすぐ商品を発送するよ。発送したらまたトラッキングナンバー送るから。
以上、TOEIC240点のちくわの英訳でした。

ってなわけでちゃんと送ってくれるようです。
注文したのが25日だったのに一向に送ってくれないなぁと思っていたら私がW-CDMA版と間違えて注文したんじゃないか確認してくれたからだったんですかねw

実は調べてるうちに思ったのですが、このR800Xではやはりauの通話はできないかもしれません。
まず私がVerizon端末をauSIMで通話できるかも...と思ったのは@fnojiさんがHTC Rezoundで通話を確認できたという話を聞いたからでした。
適当に更新diary様「HTC Rezound 到着!
しかし調べてみると、HTC RezoundはVerizonの独占端末であり、W-CDMAキャリアのモデルは存在しません。
一方、私の購入した「R800X」は「R800at(AT&TのXperiaPlay)」などのW-CDMAモデルが別に存在します。
これに近い端末が日本でも「ISW11M」としてKDDIより発売されている「Motorola PHOTON」です。
ISW11MはW-CDMAとCDMAの両方を搭載しており、SIMスロットは搭載していますがKDDIからはROM機として利用、またアンロックコードを発行することによりW-CDMAでも利用可能(日本ではドコモとSB)です。
しかし、ISW11MのSIMスロットにauSIMを挿してもKDDI網は利用できません。
よってR800XもROM機だった場合、SIMスロットはただのおまけであり、auSIMを挿しても通話できない可能性が高くなって来たというわけです。
まあ着いて試してみればわかることですが...w

というわけで到着が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。