スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galaxy Beam スペック編

前回は開封の儀(外見編)をやりましたので今回は中身を紹介しておこうと思います。
GalaxyBeam_17
先にスペックをご紹介。
OS:Android 2.3.6
CPU:Dual-core 1 GHz Cortex-A9
RAM:768MB
ストレージ:8GB
サイズ:124×64.2×12.5 mm
重量:145.3g
ディスプレイ:4インチ TFT液晶 静電容量式
解像度:480×800
カメラ: 5MP(背面)+1.3MP(前面)
ネットワーク:GSM(850/900/1800/1900) HSDPA(850/900/1900/2100)
通信:Wi-Fi 802.11 b/g/n Bluetooth 3.0 with A2DP, HS
センサー:Accelerometer, gyro, proximity, compass
外部端子:microSD/microUSB/3.5mmオーディオジャック
筐体カラー:ブラック
バッテリー:Li-Ion 2000 mAh
待受時間:760時間(2G)/760時間(3G)
通話時間:20時間(2G)/9時間40分(3G)
その他:プロジェクタ搭載
GalaxyBeam_18
起動すると毎度のドロイド君がお出迎え。
SIM挿してないのになぜかアンテナが...w
GalaxyBeam_19
勿論、日本語なんてどっかの小さな島国が使ってる言語など入っておりません。
まあこの辺は後で「MoreLocale 2」とか「Fontomizer SP」使ってできる限り日本語化しました。
GalaxyBeam_20
ホーム画面に辿り着くと他では見慣れないアイコンが左端に...w
触ってみたのですが普通にヌルサク動いてくれます。
デュアルコアRAM1GBあるSGS2Wの方がカクカクしていて、丁度いい4inchサイズなのでかなり扱い易かったです。
GalaxyBeam_21
ロック画面はISW11SCと同じタイプのものでした。
GalaxyBeam_25
カメラの性能も悪くありません。
GalaxyBeam_22
OSは2.3.6ですが、デュアルコアで最近出たばかりの端末なのでICSは必ず来ると思います。
GalaxyBeam_23
使える内部ストレージは約4GB。
半分はたぶんシステムですねー。
GalaxyBeam_24
最後にQuadrantによるベンチマークです。
RAMは768MBですが、デュアルコアなので結構いいマーク出してると思います。
最初はRAM4GBとかいう噂もありましたが、やはりそんなことはなかったですね。

さて、次回は皆さん楽しみに待ってると思うプロジェクタ機能を紹介したいと思います!
引っ張ってすみません。
記事ネタがなかなかないので...^^;
続き→「Galaxy Beamのプロジェクタ機能
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。