スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父のiPhoneが水没した話

一昨日のことです、父が私の部屋に飛び込んできました。
「iPhone...水没したかもしれん...」
iPhonebrick_01
持ってきたiPhoneを見てみるとライトが点きっぱなしで画面が全く付きません。
私の父は何でも床に置く癖があり、ドリンクは勿論、メガネやiPhoneもそこら辺に放りっぱなしです。
そしていつかやると思っていたのですが、iPhoneの横にソーダを置いていたらいつの間にか瓶が倒れ、iPhoneがビショビショになっていたそうな。
画面が付かないのにライトだけ点灯している状態だったので、とりあえず電源を落とそうと電源+ホーム長押しで強制終了しようとするも、全く反応なし。
仕方ないのでそのまま2時間ほどドライヤーを当て続けました。
そして乾燥剤と一緒にジップロックに入れ、1日放置。

次の日の夕方にどうなったかと出して、電源を入れてみると...
iPhonebrick_00
ちゃんと起動しました。
しかし、画像でラインを入れた部分が変色しており、水が侵入したのを物語っていました。
そして電源をオフにしても、ライトは薄く点きっぱなし。
どうやら水没すると、この現象が起こるらしいです。

一応直りましたが、このままではいつ故障してもおかしくないと思うのでせっかく入っているAppleCareで修理を頼むことにしました。
電話をすると、Apple独特の受け答え(実は苦手)で2年以内だと水没でも2回は4,400円で交換してくれるというのでそれでお願いしました。
近くにAppleStoreや正規サービスプロバイダもなかったので先に本体を送ってもらい、配達員に故障したiPhoneと交換で送ってもらうというサービスでお願いしました(クレカで与信枠が必要)。

iPhonebrick_02
ちなみに今、電源を入れてみると完全に乾いたのか変色はだいぶマシになっていましたが、やはり少し色が残っています。
それとライトは相変わらず点きっぱなしです。

交換で送られてくるiPhoneは新品ではなく、一度Appleで修理しされた物で修理された物だからか、これがかなりの確率で不具合持ちが多いので私はAppleの本体交換はあまり好きではありません。
過去に私の友人はiPhone3GSを一度交換してもらい、その後2度ほど不具合持ちを経験していました。
交換される方はそのようなデメリットも踏まえて、申し込みましょう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。