スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際版Galaxy Note II「GT-N7100」 開封の儀

前記事の予告通り、国際版のGalaxy Note 2「GT-N7100」を購入しました。
これはNTTドコモから発売されているGalaxyNote2の偽物「SC-02E」とは違いますのでそこのところよろしく。
GalaxyNote2_00
昨日届くかと思いましたがやはりいつも通り、今日の10時に届きました。
日に照らされて、凄く神々しく見えます...w
GalaxyNote2_01
「さあ、どの国のモデルが届くのかな?」と気になっていましたが、シールを見るとどうやら私にはベトナムモデルが送られてきたようです。
GalaxyNote2_02
裏面を見てみるとベトナム語が...と思っていましたがよく調べてみるとロシア語でした。
ベトナムは生産国だったのかな?
GalaxyNote2_03
そんなわけで開封!
おおー、チタニウムグレーです。
凄くカッコイイです!
GalaxyNote2_04
内容物はこんな感じ。
本体、電池パック、USB-microUSBケーブル、ACアダプタ(Cプラグ)、イヤフォン、取扱説明書。
GalaxyNote2_05
今回はセール品を購入したのでSanDiskの32GBSDHCと保護フィルムも付いて来ました。
支払い後にいらなかったかなーと後悔してましたが、現在使っているmicroSDがバルク品であまり調子良くなかったのでいい機会だったかもしれません。

ここからは本体の写真展です。
GalaxyNote2_06
保護フィルムは綺麗に貼れましたが、隅まではないタイプ。
最近のスマートフォンは曲面になっていたり、縁ギリギリまで液晶が迫っていたりとフィルムを作る側も大変なんだと思います。
だからといってHTC Jのように液晶だけを保護するフィルムを発売するのはやめて頂きたいです。
GalaxyNote2_07
上部にはデカデカと「SAMSUNG」のロゴ。
どっかのキャリアロゴと低速で範囲が狭いLTEのマークが書かれるよりかはよっぽどいいです。
GalaxyNote2_08
背面のSAMSUNGロゴは初代では下に書かれていましたが、2では上に書かれています。
これはGalaxy S3と同じなので統一しているのでしょう。
側面は上部にイヤホンジャック、左部に音量キー、右部に電源キー、下部にmicroUSBポートとSペンと初代と変わっていないです。
GalaxyNote2_09
Sペンは初代よりも少し太くなっています。
初代を持っていた方はわかると思いますが持ちやすいです。
GalaxyNote2_10
SIMは初代では標準SIMでしたが(SC-05DはmicroSIM)、2ではmicroSIMになりました。
3ではnanoSIMになるのかな?
microSDは電池パックを外さなくても交換できるようになっています。
電池パックは3100mAhと初代から600mAh増えているので電池持ちには期待しています。
GalaxyNote2_11
左からiPhone5、ISW13HT、N7100、Nexus7です。
こうしてブラックの端末と並べてみるとグレーだということがよくわかります。
あとは6inch台の端末かな?w
GalaxyNote2_12
薄さはそこそこです。
パワサポのケースを付けたiPhone5よりもちょっと厚い感じですね。
先日、HTC J Butterflyのモックを触ったのですが薄すぎて驚きました。
アレぐらい薄いとインパクトがあったのですが...

画面サイズは5.5inchと大きくなりましたが横幅が2.5mm短くなったのでかなり持ちやすくなりました。
初代は片手で持つと左端まで指を伸ばすのに苦労しましたが、2ではギリギリ届きます。
重さも5gの増加で600mAhも電池容量が大きくなったので良いと思います。
そして肝心のチタニウムグレーですが、プラスチックなのに高級感があり、大変満足しています。
初代の白は気に入りませんでしたし、ダサいキャリアロゴも入っていないので所有する満足感が全然違います。
色合い的にはiPhone5のスレート部より少し薄い感じのグレーです。
ベゼルとの組み合わせも大変マッチしていますので外観的には言うことなしです。

次はQuad-Core+RAM2GBの威力をお届けしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: Android - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。