Surface 外観レビュー

あけましておめでとうございます。
2013年はできるだけブログ更新してきますのでよろしくお願いします。
それではTwitterで宣言していた通り、2013年の一発目はSurfaceの記事で始めたいと思います。
Surface_01
梱包材から出すとかなりずっしりとした重さでした。
Surface_02
表面にはSurfaceとWindows RTの文字。
Surface_03
今回、私が購入したのは「Surface 64GB with Black Touch Cover」モデルで現在手に入る最上位の物をお願いしました。
Surface_04
箱の白い部分を横にスライドさせると本体の入った箱が出てきました。
Surface_05
白い箱の下にはタッチカバーがありました。
ちなみにチラッと右に見えている青い部分に取り扱い説明書なども入っていました。
Surface_06
白い箱を開けると本体と充電器がお見えしました。
Surface_07
Surfaceは16.9なのでiPadというよりはGalaxyTabに近い感じです。
真ん中のWindowsのマークがタッチキーになっています。
Surface_08
上側面にはスリープボタンのみ。
Surface_09
右側面には充電用端子、USB、microHDMI。
Surface_10
左側面はスピーカー、イヤホンジャック、音量キー。
Surface_11
下側面にはタッチカバーの端子だけでした。
Surface_12
キックスタンドの下にmicroSDスロットがあります。
Surface_13
タッチカバーは宣伝の通り、磁石でがっちり止まるので早々の揺れでは離れることはありません。
動画を撮りましたので次の記事でその様子は紹介したいと思います。
Surface_14
キックスタンドを立て、タッチカバーを装着した際の写真。
普通のラップトップPCと変わりません。
Surface_15
最後に所有するガジェットとの比較。

スタンドがたため、キーボードがカバーとなるため、持ち運びには凄く便利です。
重さもiPadとほぼ一緒であり、PCと考えるとかなり軽い部類に入ります。
この持ち運び安さでPCと変わりない操作ができるかが大きな差になると思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する