スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod touch 5th 購入の流れ

※この記事は7月初旬に書いたものです。
今回は6月2日に購入したiPod touch 5thです。
なぜiPod nano 7thを買ったばかりなのにtouchも買ってしまったのか...それはこいつのせいです。
iPodtouch5th_00
5月30日の夜、Appleは突然現行のiPod touch 5thからリアカメラとiPod touch loopを取り除き、容量を16GBまで落とした劣化版のiPod touch 5thをAppleレート100円の22,800円で登場させました。
30日だと32GBとは24,800円と2000円の差という可笑しな価格設定でした。
ここで私はすぐにAppleレートの改定が来ると予想し、値上げする前にiPod touchをポチろうと決めました。
しかし、Appleストアで購入すると絶対にiOS6.1.3なので脱獄ができない...そこで目を付けたのが新古品を売っているショップです。
新古品の理由は中古だと買取時に初期化するのでiOS6.1.3になっている可能性が非常に高いからです。
買うなら(PRODACT)REDが良かったのでネットを駆け巡り、探すとじゃんぱらに定価より安い22,480円の新古品を見つけました。
すぐにポチった次の日31日の朝になると予想通り、Appleレートの改定があり、32GBモデルは29,800円となっていました。
まだこの時点では商品が出荷されていなかったので、もしかしたら店舗に価格改定の話が流れ、キャンセルにされるかとヒヤヒヤしながら仕事をしていましたが、無事に発送され、ギリギリのところで1万円ほど安くでiPod touch 5th 32GBモデルを手に入れることができたというわけです。
さて、肝心のiOSバージョンですが...それはiPod touch 5thのレビューで。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。