スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTC J One 初期設定編

初期設定から簡易レビューまで行います。
Sense5.0を搭載しているのでSense4+のHTC J ButterflyからUIがかなり変わっています。
HTL22_13
電源を入れると様々な言語で歓迎してくれますが、選べるのは英語と日本語の二ヶ国語のみです。
まあこれはKDDIが削ってるので仕方ないでしょう。
HTL22_14
ひと通り設定が終わるとHTC BlinkFeedが立ち上がります。
これがSense5.0の標準ホームです。
HTL22_13
勿論、既存ホームにも左フリックすることで移動でき、こちらを標準のホームとしても設定することができます。
HTL22_14
ドロワーはこんな感じ。
グリッドは4*5にもでき、並びもアルファベット順などに変更できるので柔軟性が今までより増していると思います。
HTL22_15
ステータスバーはSense4+と変わらずで残念です。
Android 4.2.2のアップデートでショートカットキーが追加され、省電力オフもそちらに統合されるのですが、キャリア端末なのでいつになることやら...
HTL22_16
ホームキーをダブルタップでタスクが起動、ホールドでGoogleNowが起動するようになっています。
HTL22_17
メニューキーがないので最適化されていないアプリではSense4と同じく画面内に表示されてしまいます。
HTL22_18
CPU-Zで初めてSnapdragon 600と表示されました。
HTL22_19
最後にベンチマークはQuadRantで11514でした。
PadFone Infinityとはほぼ互角です。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: au - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。