最薄最軽量タブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」開封の儀

今期のSONY製品はフラグシップモデルのXperia Zから始まり、そのデザインをそのまま活かしたXperia Tablet ZやXperia Z Ultra、またXperia Zの後継機であるXperia Z1を送り出してきました。
実はこのフラットでクールなデザインが凄く魅力的だったのですが、購入には至りませんでした。
ですが、今回どうしても欲しくなったのとお得な値段だったので衝動買いをしてしまいました。
SO-03E_00
実は近所のゲオで最近白ロムケータイ電話の取り扱いが始まり、そこで35,800円の本品を見つけました。
その段階では欲しいけど高いなぁ、32,000円くらいだったらなぁと思っていたのですが、その後にフルセグのアップデートがあり、かなり欲しくなっていました。
そしてふと何だか今日は値下げされてる気がすると店舗に行ってみると、なんと29,800円という超お買い得な値段まで下がっていました。
すぐにヤフオクで相場を調べると35,000~38,000円くらいだったので1分くらい悩んで気づいたらクレカ購入していました。
フルセグだし、防水だし飽きたら両親にあげようと思っていたのも購入の動機です。
SO-03E_01
帰宅してすぐに開封するとNTTdocomoX)の文字とご対面。
Xperia Tablet Z SO-03Eの飛散防止フィルムにはドコモロゴだけ印字されており、SONYロゴはガラスの下に印字されているので剥がしちゃうとダサいドコモロゴだけをけせるという超スグレモノです。
普段なら速攻剥がすのですが、何だかあまり気にならないので今のところ剥がさずに使っています。
IMEIも調べましたがちゃんと「○」判定になっていました。
ちなみにネットワーク利用制限が「○」だったとしても以下のような事例があるそうなのでご注意を。
中古のXperia Tablet Zを買ったらドコモショップに没収されそうになった」しけろぐ様
SO-03E_02
開封してから気づきましたが背面はXperia Zのようにガラスではなく、マットな素材となっています。
指紋が凄く目立つのでカーボンのスキンシートなど人気があるようです。
SO-03E_03
付属品は本来なら卓上ホルダ、イヤフォン、microSD16GBなのですが、microSDが入っておらず、その代わりにドコモのACアダプタが入っていました。
卓上ホルダはSONYのものなら角度調整ができるのですが、ドコモのものはできないのが残念です。
ただしドコモは付属ですが、SONYは別売りなのでさすがに文句は言えません。
SO-03E_04
上側面にはリモコン用の赤外線ポートっぽいもののみ。
SO-03E_05
下側面には左からスピーカー、microSDスロットµSIMスロット、microUSB端子、スピーカー。
SO-03E_06
左側面にはワンセグアンテナ、イヤフォンジャック、電源ボタン、音量キー、卓上ホルダ用の充電端子、スピーカー。
右側面はスピーカーのみです。
この4つのスピーカーにより動画などで擬似的に3Dサラウンドを楽しむことができます。
SO-03E_07
このタブレットの良さといえばやはり薄さです。
ケースを付けたiPod touch 5thとほとんど変わりません。
SO-03E_08
PadFone Infinityと比べると2倍以上の薄さだと思います。
重さも495gで先日発売されたiPad Air Cellular(478g)には劣りますが、防水やフルセグを積んでいるにも関わらずこの薄さを維持しているので負けず劣らずだと思います。
SO-03E_09
PadFone Infinityと比べると横は微妙にXperia Tablet Zの方が長いですが、縦は圧倒的に短くなっています。

今までPadFone Infinityだったのもあって、凄く軽くて持ちやすいです。
またデザインがオシャレでとても気に入っています。
次は内部をチェックします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する