スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底比較!2013年フラグシップ対決Google「Nexus5」 VS Apple「iPhone5s」!!

2013年11月1日に発売されたGoogleの2013年リファレンスモデル「Nexus5」
5年の沈黙を破り、NTT DOCOMOからの発売によりようやく日本でもSIMロックフリーモデルが発売された「iPhone5s」
AndroidとiOSのフラグシップ機を2台持ちで使う私が両機種を比較し、どちらがどの点で優れているのかをレビューします!
N5vs5s_02
Nexus5 LG-D821iPhone5s A1453
サイズ137.9*69.2*8.6mm123.8*58.6*7.6mm
重量130g112g
連続通話時間17時間10時間
連続待受時間300時間250時間
電池容量2300mAh1560mAh
CPUQualcomm MSM8974 Snapdragon 800 Quad-CoreApple A7 M7 Dual-Core
内蔵メモリ容量(RAM)2GB1GB
内蔵メモリ容量(ROM)16GB/32GB16GB/32GB/64GB
ディスプレイサイズ4.95インチ4.0インチ
ディスプレイ解像度1080*1920(445ppi)640*1136(326ppi)
カメラ800万画素800万画素
通信GSM/W-CDMA/LTE(Cat.4)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
GSM/W-CDMA/
CDMA2000/LTE(Cat.3)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
LTE対応バンドBand1/3/5/7/8/20Band1/2/3/4/5/8/13/17/18/19/20/25/26
その他NFC、QiTouchID
価格39,800円(16GB)71,800円(16GB)
スペックシートは上記のとおりです。

・デザイン:iPhone5s
やはりデザインも性能の一つに入れているだけあって、iPhoneの美しさは所有欲を満たしてくれます。
5sからの新色であるゴールドは金持ちの嫌らしいゴールドではなく、シャンパンゴールドにしたのも非常に良い点です。
またアルミ合金を使用していることにより、高級感がさらに増しています。
TouchIDをホームボタンに組み込むなど、無駄なボタンを増やさない上に快適に使用できるよう最大限の工夫もされています。

・携帯性:引き分け
iPhone5sは4.0インチと女性でも片手で使用するのに苦にならないサイズですが、角ばったデザインが持ちやすさを損なわせています。
一方Nexus5は背面がラウンド型になっており、非常に手に馴染むデザインですが、4.95インチと画面が大きい分、手の小さい方には指が上部に届かないなど不便な点も見えてきます。

・ボタン操作:Nexus5
ホームボタンが一つのiPhoneに対し、Nexus5ではオンスクリーンキーを採用しているため、通常は戻る、ホーム、タスクを表示し、状況に合わせてメニューが現れます。
またAndroid4.4より、ムービーなどでは一時的にナビゲーションキーが消える仕様となっているため、画面に無駄をなくした作りとなっています。

・文字変換:Nexus5
Androidは自由にIMEを入れ替えられることが強みであり、Android 4.1から対応していた絵文字についても4.4では本格的に使用できるようになっています。
iPhoneのIMEは未だに使いづらく、変換精度も悪いです。

・レスポンス:引き分け
Nexus5VSiPhone5s_01
3DMarkを使用したベンチマークだけで見るとNexus5の方が優勢ですが、どちらも負けず劣らずのレスポンスです。
iPhone5sがデュアルコアでRAMが1GBなことを考えると如何にAppleの技術力が高いのかを実感させてくれます。

・メニュー:Nexus5
操作に不慣れな初心者にはアプリを追加していくだけのiPhoneの方が使いやすいでしょうが、やはり少しでも弄ろうと思うと自由度の高いAndroidが優勢です。

・画面表示:Nexus5
1080*1920(445ppi)のフルHD IPSディスプレイの鮮やかさは圧倒的です。
Retinaディスプレイといえど、フルHDの後に640*1136(326ppi)の画面を見るとその違いを感じてしまいます。

・バッテリー:iPhone5s
N5vs5s_00
若干ですが、iPhone5sの方が良いです。
これは画面サイズと画面解像度、電池容量の差が大きく響いていると思います。
ただNexus5はバッテリー持ちの悪さが致命的と言って良いほど悪いです。
Nexus5とiPhone5sの電池持ちを比較

・通信:引き分け
国内ではNexus5はW-CDMAを採用しているNTT DOCOMO、SoftBank、EMOBILEでしか使用できませんが、iPhone5sはCDMA2000もサポートしているため、au by KDDIを含めた4キャリア全てで使用することができます。
またLTEでも多バンドをサポートしており、au/DCMでのプラチナバンドと呼ばれるBand18/19も使用することができます。
Nexus5VSiPhone5s_02
画像では同じNTT DOCOMOですが、Nexus5ではBand1、iPhone5sではBand19を掴んで通信しているため、通信速度に大差があります。
ただし、単純に速度的な話だとNexus5の方が圧倒的に有利です。
iPhone5sはLTE Cat.3までしか対応しておらず、Wi-Fi 802.11acにも非対応ですが、Nexus5はLTE Cat.4に対応し、さらにWi-Fi 802.11acにも対応しているためiPhone5sよりも理論的には高速な通信を行うことが可能です。
実際にSoftBankのSIMで検証したところ、iPhone5sよりもNexus5の方が速いという結果が出ました。

・総評
私のオススメとしてはやはり2台持ちが一番ですが、金銭的なことも考えると厳しいという方が多いと思います。
ちなみに私はNexus5でTwitterやウェブブラウジングなどのインターネット、iPhone5sで音楽、ゲームなどのマルチメディアと完全に使い方を分けています。
個人的には値段も安く、弄りがいのあるNexus5をオススメしますが、電池持ちが気になる方、au by KDDIを使用している方は素直にiPhone5sが良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。