スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T-Mobile USAのプリペイドSIMを契約し、iPhone5sでLTEを使う

AT&T、Verizonで契約して結構な金額となったので当初は契約するつもりがありませんでしたが、ハワイで爺ちゃんが失踪してしまうことがあったので追加で購入しました。
もしかしたらLTEが使えるかもしれないという淡い期待を抱き、AT&TのSIMを4sに入れ、5sで契約しました。
TMO_00
場所はアラモアナ・センターから歩いて15分と結構遠いです。
TMO_01
TMO_02
営業終了30分前とギリギリに到着しましたが、日曜の夕方だったので店内はかなり賑わっていました。
すぐに店員に「プリペイドSIMをくれ」と言うと向こうも閉店間際で急いでいたため、待たされること無く空いているホットモックの横で手続きが始まりました。
TMO_05
滞在日数を聞かれたので「残り3日」と答えると$3/1日で200MB使えるプランを進められました。
LTEが使えるかどうかわからず、「AT&TではLTEが使えなかった」と言うと「じゃあT-Mobileもダメかもしれない」と言われたので取り敢えずこのプランで申込みました。
TMO_03
こちらもAT&Tと同じく5sを見せるとちゃんとnanoSIMを持ってきてくれました。
去年ヨーロッパに行った時は5の登場からまだ半年も経っていなかったため、ほとんどがカッターでのカットでしたが、今では普及してきているようです。
TMO_06
SIMカードを挿し、しばらく待つと何とLTEの表示が!
一応サービスモードから確認してみましたが、ちゃんとBand4を掴んでいました。
TMO_04
LTEを掴むとわかったので店員にプラン変更ができるか頼むと快く受け入れてくれました。
プランは2.5GBまで使える$60/30日のものに変更しました。
プランについて詳しくはこちらからご確認下さい。
TMO_07TMO_08
AT&Tの時が嘘のように何の問題もなくLTEを掴みました。
ちなみにAPNの項目も出たので自動で入力されていますが変更することも可能です。
TMO_09TMO_10
モバイルデータ通信の項目からテザリングを行おうとすると上記のメッセージが出て使用できないのですが、設定からインターネット共有に行くと普通にテザリングができました。
またFaceTimeもLTE/4G(UMTS)で問題なく行えました。
というわけで日本版SIMロックフリーiPhone5s A1453でもT-MobileのプリペイドSIMだとLTEを利用でき、テザリングやFaceTimeの使用も可能でした。

スピードテストについては以下の記事を御覧ください。
ハワイでのT-Mobileのスピードテスト検証
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。