スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某雑誌に付いてきたAndroid専用Eye-Fiをうっかり書き換えてしまった話

半月前に話題になった付録ですが、Androidにしか転送できないという話を聞いていたので全くスルーでした。
しかし、どうやらゴニョゴニョすることでPC/iOSでも使用することができるとわかり、ちょっと欲しいなと思っていたところ本屋で最後の一冊を見つけたため、購入しました。
EyeFi_00
1,980円で4GBのEye-Fiが買えたと思えばかなりお買い得な気がします。
EyeFi_01
中にはSD本体とカードが入っていますが、使うのはSDのみです。
以下の記事を参考にさせて頂きました。
ドコモEye-Fiカード付ムック本を購入、Android以外で使用可能にするには。」XPFの独り言様
EyeFi_02
こちらからダウンロードページに親切に今回の付属のDCM版と通常版の物が分けられています。
間違えても下のダウンロードからソフトウェアをインストールしないようにして下さい。
私はうっかりつい出来心で間違えてしまいました。
EyeFi_03
間違ったソフトウェアをインストールした状態で付属のDCMのEye-Fiカードを挿しても注意などは出ず、このように更新を促してきます。
EyeFi_04
しばらくするとファームウェアのアップデートに失敗しましたというポップアップが出ます。
悪いことをするとこういうことが起きるんです。
EyeFi_05
あとはEye-Fi CenterからWi-Fiなどの設定を行うことで撮った写真を自動的にPCにアップすることができるようになりました。

ネットショップでは軒並み在庫切れまたは転売屋による販売が行われていますが、書店などでは再入荷されているところもあるようなのでこの機会にもう一度狙ってみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。