スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au iPhone6 ゴールド 開封の儀

iPhone6、iPhone6 Plus、Apple Watchと今年も新商品が続々と発表されました。
私は塀の中からその様子を見ていましたが、画面サイズが4.7inchになり、Androidと大きさが被ってしまうのと、貯金したいのもあって今回の購入は見送りました。
というわけで弟が赤ロムの5から機種変更したのでそれをレビューさせて頂きます。
iPhone6_00
化粧箱はiPhone5sまでの物に比べて表面のデザインが大きく変化しており、真っ白になりました。
iOS7からのフラットデザインをさらに強調させて来たのでしょうか。
DSC02442.jpg
iPhone5sとiPhone6の化粧箱の比較です。
個人的にはイラストはあった方が良いと思います。
iPhone6_02
開封すると今までのiPhoneと同じく、本体がそのままお見えします。
iPhone6_03
付属品はiPhone5sの物と変わりありません。
iPhone6_04
本体背面です。
5sからの変更点は上下の白かったガラス部分もゴールドのアルミへと変化され、デュアルフラッシュも丸くなっています。
また問題視されているカメラもハッキリ出っ張っているのが確認できます。
iPhone6_05
同じゴールドを比べると先程挙げた点が確認できると思います。
iPhone6_06
表面で並べると画面サイズの増大がよく確認できます。
個人的には一気に4.7inchまで上げずに、4.3~4.5inchなど徐々に改良していって欲しかったです。
iPhone6_07
大画面化に伴い、電源ボタンはトップからサイドへと変更になりました。
これについてはSamsungに「彼らが、追いかけてきた。」と挑発されても致し方ないです。
iPhone6_08
厚さは7.6mmから6.9mmへと薄くなっていますが、その分画面サイズが大きくなり、重量も増しているのでうーんと行った感じ。
iPhone6_09
Nexus5と比較すると画面サイズは0.3inch差があるにも関わらず、本体サイズはそれほど変わりません。
iPhoneは画面からのトップとアンダーが広すぎるように感じます。
iPhone6_10
iPhone6_11
iPhone3GSから6までの進化の歴史です。
iPhone6_12
最後にiPhone5sとiPhone6の3DMarkによるベンチマークです。

数分触ってみましたが、やはり自分はiPhone6は買わなくて正解だったと思います。
画面が大きくなりすぎてiPhoneの良さだった片手で操作するのが難しいのが一番の原因です。
5/5s/5cから機種変更される方は店頭で実機を確認してからの購入をオススメします。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: iPhone - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。