Xperia Z3 Compact D5803 ファーストインプレッション

開封の儀の続きです。
今回は初期設定やら性能やらをレビューしていきます。
D5803_16
だいたい輸入物を買う時は香港からが多いので中国語が標準ロケールなのですが、今回は英国ショップなので英語(UK)が設定されていました。
D5803_17
勿論SONY製なのでコマンドを打ち、morelocale2を使う等といった面倒な作業もなく日本語が選べます。
D5803_18
特に特記するようなこともなく、セットアップが終わってしまいました。
D5803_19D5803_20
ホーム画面の配置はAndroid2.3の頃からあまり変わっていない気がしました。
4.4以降のXperiaホームではGoogleNowランチャーを見習ってか、アイコンのサイズが大きくなっているようです。
D5803_24D5803_25
通知バーは標準とほぼ変わりませんが、編集でショートカットの位置を自由に増やしたり変えたりできるのは便利です。
D5803_26D5803_27
ロック画面は上下のスワイプ式からGalaxyのようなどこでも解除できる方式に変わりました。
画面サイズは小さいですがスモールアプリの起動が行え、海外モデルにも全アプリ終了が標準で表示されるようになりました。
D5803_21D5803_22D5803_23
ドロワーは非キャリア端末とは思えないほど3枚に渡りズッシリとアプリがプリインストールされています。
さすが日本の端末と言えば良いのか...
D5803_28D5803_29
同じCPUでFHDのHTC One M8は25,000点台なのにHDのZ3cが20,000点台なのはなぜ?と一瞬疑問に思いましたが、SONYはHTC、Samsung、LG、ASUS等が行っているベンチマークブーストをせずに堂々と戦っているので基準をNexus5の8,000点台と見ればメチャクチャ性能が高いことがわかります。
D5803_30
気になる技適マークですが勿論問題なく表示できます。
これで安心して国内SIMを差し替えて利用することが可能です。
D5803_31D5803_32
最後に端末情報です。
Android 4.4.4なので後は指を咥えて先日正式発表されたAndroid 5.0 Lolipopを待つのみです。
イースターエッグはなぜか「2」でした。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: Android - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する