スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nexus5におけるAndroid 5.0(Lolipop)のレビュー

先週辺りから配信開始が発表されたAndroid 5.0 Lolipopが私のNexus5にも降ってきたので早速インストールしました。
Android 4.4 KitKatとのUIの変更等をレビューしていきます。
DSC02502.jpg
久々の大型アップデートでver.も4.xから5.xへと変更になりました。
しかし、どちらかと言うと機能の追加というよりもUIの変更がメインに思えます。
Lolipop_00Lolipop_01
初期設定画面はシンプルなものからカラフルになりました。
これがGoogleのいうマテリアルデザインです。
Lolipop_02Lolipop_03
設定を進めると新たな機能としてタップ&ゴーが追加されています。
これを利用するとこれまで使用していたNFC搭載端末からアカウント情報などを引き継ぐことができます。
ただしアプリの設定などは引き継げず、引き継ぎ元の端末ではこの後にGoogle開発者サービスのエラーが多発したのでまだまだ未完成感があります。
Lolipop_04Lolipop_05
ナビゲーションキーが初めて見た人にはサッパリなデザインになりました。
他にもランチャーやGoogle検索のアイコンが白ベースに変更されています。
Lolipop_06Lolipop_07
ショートカットキーにはこれまでなかったライトや自動回転が追加されており、他にも好きなショートカットキーが増やせるようになっているようです。
Nexus5_31Lolipop_08
ロック画面は上にスワイプでロック解除、右が電話、左がカメラへと変更され、ゲストモードなども追加されています。
キャリアも下中央から左上に変更されました。
Nexus5_23Lolipop_09
ランチャーの背景も白ベースに変更され、アプリもマテリアルアイコン化されています。
Lolipop_10Lolipop_12
マルチタスクもUIは変更されていますが、スワイプや全タスク終了ボタンがないなどはKitKatと相違ありません。
電源ボタン長押しは電源を切るのみとなってしまいました。
Nexus5_30Lolipop_11
Quadrantによるベンチマークですがブーストモードが追加されたのか、基準が変更されたのかわかりませんが、大幅に向上していました。
Lolipop_13
ver.は勿論5.0になっています。
Lolipop_14Lolipop_15
バージョンアップの度にやってしまう連打ですが、今回のイースターエッグは棒付き飴からのFlappy Birdです。
色々話題となったアプリの移植版ですが、本家よりも格段に操作が難しくなっています。
私は本家だと50点くらいはいけるのですが、Lolipop版では2点が限界でした。

Moto X 2014やG3にはNexusシリーズよりも早くアップデートが来るという対応がありましたが、メイン機であるXperia Z3 Compactは来年以降の予定などでSONYにも頑張って貰いたいところです。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: Android - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。