スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年落ちのSurface pro 3 竹を購入

最近物欲が全くなく、買い物をしていなかったので約3ヵ月間、ブログを放置してしまいました。
久しぶりにガジェットの購入をしたので記事にしたいと思います。
SP3_02
2010年に現在のメイン機であるiMac Mid2010を購入したのですが、5年も経つとやはり不具合が発生し始め、今にも壊れそうな勢いなのでTimeMachineで常にバックアップを取っている状態です。
Mac miniを買うと意思は固まったのですが、現在販売されているLate2014はCPUにクアッドコアモデルがなく、メモリも増設できないのでLate2012を購入される方も多いようです。
昨日、ふとSurfaceの広告を見て、Mac mini Late2015が出るまでの繋ぎとして買うのも良いと思いましたが、値段的にはないなと思いました。
そして本日、1月にオープンしたゲオモバイル京都新京極店に立ち寄った際に本商品を見つけ、迷いに迷った挙句、購入をしました。
私が丁度狙っていた256GB/8GBの松竹梅で言う竹モデルで値段もタイプカバー付きで86,184円と新品よりも約10万円ほど安かったのが私の心を動かしました。
次期モデルのSurface pro 4がおそらく10月に出るので前所有者は価値が下がる前に売り捌いたのでしょう。
Surfacepro3_00
当初はWindows8.1が搭載されていたのでWindows10にアップデートし、空き容量は約190GBとなりました。
SP3_01
スペック情報はこんな感じ。
SP03_03
購入の後押しをしたのがSplashtopを利用してのリモートデスクトップです。
これによりリビングにいながらMacの操作が可能になり、利便性が増しました。
ストアにアプリもリリースされているのでWindows RTでも利用が可能です。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。