スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5sの突然死とAppleの対応

iPhone6s/6s Plusが発表されましたが、私の欲している5sの後継機(4inchサイズのiPhone)は出ませんでした。
そんな矢先、去年の8月にTouchIDの不具合で交換したiPhone5sがいきなり故障しました。
iPhone5s_broken_00
症状はLTEアイコンが10秒に1度の割合で消え、その間は一切通信ができないというものです。
原因に見に覚えはなく、使い物にもならないので泣く泣くiOS7を捨て、iOS9に復元しましたがそれでも効果はなし。
保障はとっくに切れていますがApple正規サービスプロバイダに持ち込み、改善を期待しましたが勿論やってくれるのは私が行ったのと同じDFUモードによる復元等...
Apple正規サービスプロバイダでは35,000円の有償修理しか対応できないので一度引き、Appleに直接交渉することにしました。
しかし、結果は変わらず有償での修理のみ。
まだ購入して2年も経たず、同サイズの後継機も出ない状況で80,000円で購入したSIMロックフリー版を諦めるのは納得行きませんでしたが、対応は暖簾に腕押しだったので「わかりました、もういいです。」と諦めると最後にAppleスペシャリストに繋げてくれました。
今までの状況をもう一度説明するとAppleスペシャリストはApple正規サービスプロバイダで破損や水濡れ等こちらの不手際がなかった履歴からの判断で無償での交換を提案してくれました。

ありがとう、Apple。
早くMac mini Late2015とiPhone6s miniを発売して下さい。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: iPhone - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。