スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nexus5におけるAndroid 6.0 Marshmallowのレビュー

Googleの先日の発表イベントでNexus5X/6Pと共に配信が開始されたAndroid 6.0 Marshmallowが私のNexus5にも降りてきたので簡単にレビューします。
※本来ならマシュマロと共に写すところですが、私のマシュマロ嫌いによりペットボトルの蓋をマシュマロに見立てています、ご了承下さい。
Marshmallow_00
私のNexus5に配信されたのが10月8日と発表から約1週間でした。
前回のLolipopの時より早かった気がします。
Marshmallow_01
初期化して最初の設定を終えたホーム画面。
最初に思ったのは日本語フォントが私の大好きだったモトヤマルベリフォントから凄くキモいフォントに変わっていることでした。
Android 6.0 MarshmallowからNoto Sans CJKというGoogleのフォントが使われているらしく丸いフォントが好きな私からすればとてもガッカリです。
Marshmallow_02
何もない状態でのQuadrantによるベンチマーク。
Android 5.0 Lolipopとほぼ変わらない結果でした。
Marshmallow_03
端末情報。
Marshmallow_04Marshmallow_05
イースターエッグはLolipopとUIが変わっただけのFlappy Birdでした。
ネタ切れなのか手抜きなのか...

その他省電力モード等が今回の目玉のようですが、Xperia使いの私はスタミナモードがあり、各会社それぞれ独自の省電力モードを採用しているためあまり旨味は感じられず。
個人的にはマイナーアップデートであり、フォントが改悪されたのがガッカリでした。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: Android - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。