スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMac Late2015とMid2010を比較

私が5年間お世話になったMid2010と今回購入したLate2015を比較しています。
iMac2015_12
iMacLate2015Mid2010
ディスプレイ5K(5120*2880)2K(2560*1440)
プロセッサ3.2GHz Inte Core i53.2GHz Intel Core i3
メモリ8GB 1867MHz DDR34GB 1333MHz DDR3
ストレージ1TB Fusion Drive1TB 7200rpm HDD
グラフィックスAMD Radeon R9 M390(2GB GDDR5)ATI Radeon HD 5670(512MB GDDR3)
USB3.02.0
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE 802.11 a/b/g/n
光学式ドライブなしDVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
スペックシートはこうですね。

まず3日ほど使っての印象は2Kから5Kへと解像度が上がり、目視でも全然文字の綺麗さが違います。
ただし、解像度の高さが仇になっているのか読み込み等が遅く感じられることが多々有ります。
またメモリも8GBしかないのですぐにメモリ不足に陥ります。
というわけで思い切って25万ほど出しましたが今のところびみょーとしか言いようがありません。
メモリを32GBに増設できればまたどう変わるかですね。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: Mac - Genre: コンピュータ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。