スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SO-02Gに6.0 Marshmallowを焼く

先週からXperia Z3/Z3Compact/Z2向けのAndroid 6.0アップデートが開始されたので私の5.1.1 LollipopだったSO-02Gにもマシュマロを食べさせることにしました。
SO-02GM_00
5.0.2と5.1.1は北欧版を焼いたのですが、今回は北米版しか見当たらなかったのでそちらを焼きました。
書き換え後はブートループ等もなく、起動してくれました。
SO-02GM_01
ただし、NFCが使えなくなっているためエラーのため3分ほど起動まで待たされました。
D5803L_01SO-02GM_02
初期設定画面が一新され、マテリアルデザインを意識しているのが見て取れます。
D5803L_02SO-02GM_03
Googleアカウントを入力する項目もなく、セットアップは簡単に終わりました。
D5803L_03SO-02GM_04
アイコンが小さくなり、全体的に余裕のあるデザインになったように思えます。
D5803L_04SO-02GM_05
初期のウィジェット配置も大きく変わっています。
Screenshot_2015-03-22-12-58-04.jpgD5803L_06D5803L_07
Lolipopの頃。
SO-02GM_06SO-02GM_07SO-02GM_08
焼いた地域の違いかもしれませんが、Marshmallowでは余計なアプリが増えました。
SO-02GM_09
ちなみに一番左には候補という項目が増えていました。
D5803L_08SO-02GM_10
ステータスバーは一括削除のアイコンが逆になっています。
D5803L_09SO-02GM_11
名称が少し変化しています。
D5803L_10SO-02GM_12
ロック画面は左下の緊急電話が検索へと変わっています。
D5803L_11SO-02GM_13
タスクは一括削除が追加されていますが、これはLollipopでも差分アップデートで追加されていたので特に変わりなし。
SO-02GM_14
Android 6.0の新機能に本体メモリとSDカードをまとめて内臓ストレージにできる目玉機能がありますが、Z5シリーズの6.0アップデートにはその機能は含まれておらず、やはりZ3 Compactにもありませんでした。
SO-02GM_15
またスタミナモードもなくなり、Android 6.0からのバッテリーセーバーへと変わっています。
ただし、こちらは後でスタミナモードが再実装されると発表されています。
SO-02GM_16SO-02GM_18
ふと充電した際に気づいたのが、マグネット充電を行うと急速充電中と表示され、PCから電源を取ると低速充電中と表示されるようになっていました。
これはアップデートで急速充電に対応したのではなく、充電スピードはこれまでと変わらず、わかりやすいように表示をするようにしただけだと思います。
D5803L_12SO-02GM_17
ベンチマークは少し下がりましたが、北欧版から北米版に焼き直しの際に初期化されているので体感的には少し早くなった気がします。
D5803L_13SO-02GM_19
最後に端末情報です。

Xperia Z3 Compactを買ってはや1年半、歴代長く使ったiPhone3GSの記録をもうすぐ塗りかえようとしています。
正直、バッテリーがだいぶへたって来ており、新しいケータイが欲しいのですが、最近は仕事が忙しく物欲が沸かず、購買意識を高める端末もないため現状維持というところです。
Galaxy S7がmicroSDと防水防塵対応で魅力的なので国内で発売されなければ検討します。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: Android - Genre: 携帯電話・PHS

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。